【Patch9.22対応版】モルデカイザーのスキル紹介、ビルド・ルーンなど

August 21, 2018 by Anonymous, Patch 9.22


モルデカイザー


(CV:黒田崇矢)



ロール:トップ(ジャングル・ミッド)



主なダメージ:魔法

バックストーリー:ノクサスの中心地、イモータルバスティオンを築城したかつての暴君。シャドウアイルの力によってよみがえり、復讐の時を待っている。

おすすめキーストーン:征服者

ルーン設定例


ルーンの解説


かなりファイター寄りにリメイクされたので、1v1性能を高めるためにも征服者を選ぶプレイヤーが多数派になっている。

マイナールーンは選択の余地があって、2列目の迅速と強靭、3列目の最期の慈悲と背水の陣はそれぞれメリットがあるのでお好みで。

サブパスは覇道か不滅。不滅の場合はバースト対策とスケーリングが、覇道の場合は単純にサステインが伸びる。

ステータスボーナスは、アダプティブor攻撃速度、アダプティブ、物理防御。


トップの解説(プレイ難易度:比較的簡単)


以前は他のチャンピオンとのシナジーがあるチャンピオンだったが、リメイクでストーリー上の設定に近い1v1に強いファイター寄りの性能にリメイクされたモルデカイザー。

マナがないチャンピオンながら、ウェーブクリア、CC、シールド、ヒールと様々な能力を持っており、かなり器用な印象。
ガンク合わせも強く、うまく育つことが出来ればアルティメットスキルによる強制1v1でさらにスノーボールしていくことが可能だ。

逆にレーニングで腐ってしまうと、スキルセットが器用貧乏寄りで純粋に1v1特化でないことも相まって活躍することが難しくなってしまう嫌いもある。

固有能力はアイアンマン。
効果は2つあり、1つは通常攻撃に追加魔法ダメージが乗る効果。

2つ目は敵チャンピオンか大型モンスターに通常攻撃またはスキルを当てるたびにスタックを獲得し、3スタック溜まると、それを消費して移動速度上昇と自身のまわりに継続ダメージを与えるフィールドを作り出す効果。
この効果は敵チャンピオンか大型モンスターに通常攻撃またはスキルを当てると効果時間が延長される。

スキルセットに魔力反映率しか持たないモルデカイザーにとって1つ目の効果はファームのしやすさやダメージ面で非常にありがたい。
2つ目の効果はE死の呪縛を除いて敵との距離を詰める手段を持たない彼にとってはありがたい移動速度上昇と征服者とも相性のいい継続ダメージということで、どちらも強力な固有能力になっている。

効果延長は無限に行えるので、ジャングルでピックすると大型モンスターが残っている限りずっとダメージフィールドを纏いながらファームすることができるため、序盤からジャングリングが容易なチャンピオンになっている。

Q滅魂の一撃は指定方向にメイスをたたきつけ範囲内の敵ユニットにダメージを与えるスキル。
当たった敵が1体の場合はダメージが増加する。

カーサスのQのように単体に当たった時と複数体にあたったときでダメージが違う。
ダメージはチャンピオンレベルによっても増加していくので、後半になればなるほどダメージが期待できる。
スキルレベルをあげることで、基礎ダメージ、クールダウン、単体に使用したときのダメージ増加率と得られる恩恵が非常に多いのでまずはこのスキルをレベル5にすることを目指したほうがいいだろう。

W不死の鎧は自動効果で敵チャンピオンに与えたダメージ、自分が受けたダメージの一部をシールドエネルギーとしてストックし、発動効果でストックしたエネルギー量に応じた徐々に減衰するシールドを獲得する。
シールド発動後少し待つと再使用が可能になり、再使用するとシールドをすべて失いその時点で残っているシールド量の一定割合ヘルスを回復する。

シールド兼サステインという便利なスキル。
シールドエネルギーは敵チャンピオンだけでなく、ミニオンやタワーに対してダメージを与えてもチャージされるが、チャージ量は減少する。
積極的に戦いたいときはシールドとして、レーンを維持したいときはシールドを減らさないようにしつつ再発動して回復を狙うと、状況に応じて使い分けができる。

Eの死の呪縛は自動効果で魔法防御貫通を得る。
発動効果は短い詠唱後範囲内の敵ユニットにダメージを与え、指定方向と逆方向に引き寄せるスキル。

効果を読んでも分かりづらいかもしれないが、以下の画像のように前方にいる敵に使った場合はスウェインのEと固有能力をくっつけたようなイメージで使うことができるスキル。



ただ次の画像のように使うと、自分から敵を引きはがすように使うことも出来る。



前者はレーン戦でミニオンウェーブをクリアしつつハラスとして使ったり、逃げる敵を捕らえるのに使え、後者はガンクを受けた時に相手をさばくのに使うことができる。

スキルレベルが低いうちはクールダウンが非常に長いので、使い所には気を付けよう。

アルティメットスキルは死の国。
指定した敵チャンピオンにスローをかけ、短い詠唱後モルデカイザーと対象のチャンピオンを冥界に閉じ込める。
その間、モルデカイザーは対象になったチャンピオンの攻撃力、魔力、物理防御力、魔法防御力、攻撃速度、最大ヘルスを一定割合吸収する。
冥界の中で対象になったチャンピオンをキルした場合は、キルされたチャンピオンが復活するまで吸収したステータスを得たままになる。

完全にサモナーズリフトから敵を除外し1v1を強制するという、いままでにないスキル。
相手のキャリーを捕まえて1v1に持ち込むほかにも、ガンクに来たジャングラーに1v1を仕掛けて返り討ちにしたりと使い方には幅がある。

このスキルはCC扱いらしく、シルバーサッシュなどで解除できるのでモルデカイザーが育ってしまった場合は、これを買って対策しよう。


おすすめスキルオーダー
R>Q>E>W

スタートアイテム


ビルド例