【Patch9.19対応版】モルガナのスキル紹介、ビルド・ルーンなど

August 14, 2018 by Anonymous, Patch 9.19


モルガナ

(CV:非公開)



ロール:サポート/ミッド



CVに関してはこちらのサイトを参照しています。
ファンによる推測も混じっているのでご注意ください。

チャンピオン声優 一覧表

主なダメージ:魔法

バックストーリー:天界での権力争いの中で追放された堕天使。ケイルとは姉妹。いまはノクサスでパン屋を営んでいる。

おすすめキーストーン:エアリー召喚、ガーディアン(サポート)、グレイシャルオーグメント(ミッド)

ルーン設定例




ルーンの解説



モルガナはWの苦悶の沼をからめたハラスの頻度がおおいチャンピオンなので、キーストーンにはエアリー召喚が多く採用されていたが、最近ではガーディアンを持ってガンク耐性を得ようとするビルドも増えている。

サブパスは天啓。これ以外にも魔法の靴や宇宙の英知とも相性がいい。

ミッドの時はグレイシャルオーグメントを持って、相手をスローで固めるのが非常に強力。

ステータスボーナスはアダプティブ、アダプティブ、物理防御。


サポートの解説(プレイ難易度:比較的簡単)



ロングレンジのキャッチスキル、集団戦での(特殊なAOECC)そしてなによりもCC無効の超強力なシールドを兼ね揃えたメイジサポート。
弱点らしい弱点はないが、プレイパターンが単純なこと、Qののダークバインドが当たらなければゲームを動かしづらいところがつらいところ。

固有能力のソウルサイフォンは敵チャンピオン、大型モンスター、砲台・スーパーミニオンに対してスキルでダメージを与えた時に、そのダメージの20%分のヘルスを回復するというもの。
以前はどのユニットにどんな魔法ダメージを与えても回復していたので、回復用途でスキルを使いたいときは相手の砲台ミニオンがいるウェーブ時に敵チャンピオンと一緒に巻き込むようにうつなど、多少の工夫が必要になった。

Qのダークバインドは指定方向に魔法弾を飛ばしダメージとスネアをあたえるスキル。
弾速こそ多少遅いものの、射程、拘束時間ともに申し分ないスキル。
最大レベルになると3秒スネアというゲーム屈指の長時間拘束スキルへと成長する。ヒットすると弾がそこで止まって消滅するため、ブッシュ内に隠れた敵がいないかのチェックにも使える。

Wの苦悶の沼は指定地点にダメージフィールドを作り出し、継続的にダメージを与えるスキル。
ミッドではプッシュに便利なスキルで、サポートでピックする場合はと組み合わせてダメージを底上げするのに使うスキルとなっている。
相手の減少ヘルスに応じてダメージが上がるように変更が入ったので、サポートで使う場合はCSを取ってしまわないように少し注意が必要になった。
また敵チャンピオンや大型モンスターにダメージを与えるとクールダウンが短縮する効果が追加されたため、ブッシュなど視界がとれていないところに打つことで、簡易的なフェイスチェックを行うことも出来るようになった。(もし敵チャンピオンが潜んでいればクールダウンが短縮するため)


Eのブラックシールドは、ついているチャンピオンが受ける全てのCCを無効化するという強力な効果持ちシールド。
既に受けているCCは無効化できない、クールダウンが長い、魔法ダメージしか防げないといったデメリットはあるものの、味方のキャリーを守る上では非常に重宝する。
このスキルが強いため、のカウンターとしてもピックされる。
魔法ダメージに対するシールドと限定的な効果ではあるもののシールドには違いないので、アーデントセンサーの効果は発動する。

は一人にしかかけられないので、サポートで運用したときはCCを受けそうなほうにをかけて、もう一方の安全はで確保しよう。まっすぐ入ってくる相手にはかなり当てやすいスキルだ。

の魂の足枷は周囲にいる敵チャンピオンと鎖でつながり継続ダメージを与える。一定時間つながったチャンピオンの近くにとどまり続けると、敵チャンピオンが追加ダメージと共にスタンするというスキル。
効果自体は強力だがモルガナはメイジのため、あまり耐久力がなく、敵中に飛び込んでいかなければならないところが、このスキルの弱点。
また鎖につながった敵チャンピオンにはスロー効果が入るがレートは低めなので、複数体にスタンを決めきるのは難しい。
もちろんを当てることが出来ればスタンまでの時間は格段に稼ぎやすくなる。
ゾーニャの砂時計を使うことで、発動までの時間が稼げるのでサポートでもこのアイテムをビルドするプレイヤーが多い。

おすすめスキルオーダー
R>Q>E>W(サポート)
R>W>Q>E(ミッド)

スタートアイテム
(サポート)
(ミッド)

ビルド例
(サポート)
(ミッド)