【Patch9.14対応版】ザックのスキル紹介、ビルド・ルーンなど

September 4, 2018 by Anonymous, Patch 9.14


ザック

(CV:山寺宏一)



ロール:ジャングル



CVに関してはこちらのサイトを参照しています。
ファンによる推測も混じっているのでご注意ください。

チャンピオン声優 一覧表

主なダメージ:魔法

バックストーリー:ゾウンの沼で生まれた謎のスライム生命体。ヤクザに利用され殺戮兵器として教育されていたが、有志の研究者によって助けられ外界に逃げ出す。

おすすめキーストーン:アフターショック

ルーン設定例


ルーンの解説



敵陣に飛び込んでいくイニシエートタイプのタンクであるザックにはアフターショックが一番マッチしている。
心身調整はスケーリング重視の選択肢で、もし序盤から戦う可能性があるマッチアップならボーンアーマーの方がいいだろう。

スキルを使用するごとに回復するチャンスがあるザックにとって生気付与はかなり強力といえるだろう。

サブパスは天啓か魔道。天啓なら金銭効率重視の魔法の靴と何かと役立つ宇宙の英知。
魔道なら水走りなどジャングルの回りやすさを重視したルーンを選ぼう。

ステータスボーナスは攻撃速度、物理防御、魔法防御。
ザックは攻撃速度さえいれておけば残りは防御系でも問題ない。


ジャングルの解説(プレイ難易度:比較的簡単)



長距離ブリンクと豊富なCCを持ったエンゲージ型のタンクジャングラー。
特にEのぶっ飛びスライムの射程距離は最大で1800ととてつもなく長く、浮いた敵チャンピオンのピックアップやバックラインへの飛び込みが容易なスキルになっている。
アルティメットのレッツバウンス!と合わせて使用すると相手の陣形を乱すことも出来る。

基本的にエンゲージ一辺倒なチャンピオンなので、自分たちから仕掛けられない状況ではあまり存在感が発揮できず、ダメージも範囲攻撃がメインということで1v1の状況に弱い。7.15でさらなる弱体化を受けたのでそろそろ標準的な強さのチャンピオンに落ち着くかもしれない。

固有能力は、はぐれスライム。
いわゆる復活系の固有能力で、死んだあと身体が4つの小さなスライムに分裂し、ゆっくりと集まって再合体しようとする。
再合体が成功すれば、生き残ったスライムの数や体力に応じたヘルスでザックが復活するが、合体するまでに分裂したスライムがすべて倒されるとザックはそのままデッドする。
少数戦でお互いがスキルを使い切ったあとに発動したりすると、案外生き残りやすい。
ただし、分裂したスライムは物理、魔法防御が半減しているので、タワーの攻撃を受けてしまうと特に低レベル時はあっという間に分裂スライムが倒されてしまう。タワーダイブするときは注意が必要だ。
またこのはぐれスライムで出現する分裂体はミニオンのような存在なので、スマイトでダメージを与えることが出来たり、テレポートの対象に取ることが出来る。
テレポートを味方に使ってもらえれば確実に復活することが出来る点は覚えておいて損はないだろう。

Qのスライムパンチはちょっと特殊なスキル。
まずは発動効果で腕を伸ばし相手をつかみ、ダメージとスローの効果を与える。敵ユニットをつかむと通常攻撃の射程が増加し、次に通常攻撃を当てた相手とが最初にヒットした相手を衝突させる。衝突させたときにノックアップを与え、衝突地点の周囲のユニットにダメージを与える。
今年の6月にアップデートされたザックだが、このスキルが非常に強力で競技シーンなどで猛威を振るってきた。
自体は方向指定なのだが、衝突される2体目は通常攻撃で選択できるので、を外しても相手にCCを入れることが出来る点が特に強力。

Wのスライムクラッシュは自分の周囲のユニットに対象のヘルス割合ダメージを与えるスキル。タンクチャンピオンで、基本的に防具を買いそろえるザックにとって割台ダメージは非常に重要なダメージ源で、かつジャングルクリープを狩るときにも重宝するスキルとなっている。
スキルを使用したときに発生する破片を回収すると、このスキルのクールダウンが短くなる。先に破片を回収してからでも1秒以内にこのスキルを使用すればこのクールダウン解消効果を得られるので、ザックでジャングルを回るときには、スキルと通常攻撃の合間に移動を挟んで、自らの破片を上手に回収し、の回転率を上げることが重要になってくる。

Eのぶっ飛びスライムは発動するとその場でチャージをはじめ、チャージ時間に応じて飛距離が上昇していくというブリンクスキル。
ザックの着地地点にいた敵はノックアップとダメージを受けるが、このノックアップ時間もスキルのチャージ時間に比例して伸びていく。
ジャングル運用の時はこのスキルのレベルがあがっていくことでgank性能が上昇していく。
着地地点はあらかじめ相手に見える仕様になっており、またアンストッパブル属性ではないため、警戒されていると対応が容易なスキルでもある。
飛ぶ方向はマウスカーソルがある方向ではなく、ザックが向いている方向に依存しているので、しっかりとチャンピオンの向きを調整してから詠唱するようにしよう。
ちなみに溜めをキャンセルするとクールダウンに入ってしまう。(通常の半分のクールタイムになる)

アルティメットスキルのレッツバウンス!は発動するとザック自身が4回跳ねまわり、ヒットした敵にダメージとノックアップを与える。
2ヒット目以降はノックアップせずにダメージが減る。発動中は自由に移動でき、Wを発動することもできる。効果中は徐々に移動速度も上昇する。

QやEのCCで相手をまとめてから発動して、さらにノックアップを重ねることができるスキル。
チャンピオン1体につき1回しかノックアップは発生しないので、詠唱スキル持ちを妨害したいときは1,2回目のジャンプでは狙わず、3,4回目で狙うようにすると拘束時間が長くなる。

全段ヒットするとダメージも魔力反映率もそれなりに高いので、魔力を積むようなビルドにすると意外なほどダメージが出せるスキル。


おすすめスキルオーダー
R>E>W>Q

スタートアイテム


ビルド例