【Patch10.13対応版】ダイアナのスキル紹介、ビルド・ルーンなど

September 18, 2018 by Anonymous, Patch 10.13


ダイアナ

(CV:斎賀みつき)



ロール:ミッド・トップ・ジャングル



主なダメージ:魔法

バックストーリー:迫害によって途絶えた月の神・ルナリを信仰する女戦士。太陽を信仰するとは対の存在。

おすすめキーストーン:征服者

ルーン設定例




ルーンの解説


リメイク後は張り付き性能を活かして征服者が良く選ばれている。

アグロを受けてからシールドやCCで粘るのが得意なので背水の陣もオススメ。

サブパスはレーンなら不滅が多数派でジャングルなら魔道がオススメ。

ステータスボーナスは攻撃速度orアダプティブ、アダプティブ、防御系。
ジャングル採用なら1つ目は攻撃速度にしよう。


ミッド・ジャングルの解説(プレイ難易度:平均的)



特殊なブリンクスキルを持つ、ややタンキーなアサシン/メイジ。
カサディンのようにブリンクが方向指定ではなく対象指定なため、基本的には相手に突っ込む一方のチャンピオン。
それを補うためにWの朧月の羽衣やRの崩月といった自身の身を守るスキルが用意されており、バックラインに飛び込みかく乱しながらダメージを与えるといったプレイが得意。

固有能力は繊月の刃。攻撃速度が増加し、スキルを使用すると3秒間攻撃速度上昇量が200%増加する。
さらに通常攻撃を行うごとにスタックが溜まっていき、3つ溜まった状態で通常攻撃を行うと、スタックをすべて消費し、AAが前方への範囲攻撃へと変化し、追加の魔法ダメージを与える効果。

ウェーブクリア能力、そして建物にも有効なためシージ能力としても見ることができる非常に優秀な固有能力といえるだろう。
魔力反映率も高めで、相手チャンピオンに対して仕掛けるときもこの効果をぜひ発動させたい。
スタック0の状態からだと発動するまでに時間がかかりすぎるので、スタック2、ないしは3までミニオンを攻撃して溜めてから、仕掛けるようにしよう。

Qの月影は指定地点へと弧を描く魔力を放ち、光の筋に触れたユニットすべてにダメージと月光のデバフを与えるスキル。
飛び方にはやや癖があるが弾速はそこそこで当てやすいスキル。発射時にダイアナは発射方向を向きなおし、右手に持っている武器から右に弧を描いて発射される。
月光はアルティメットの月下美刃に関係する効果なので、そちらで解説する。

Wの朧月の羽衣は使用すると自身にシールドを付与し、さらに自身の周囲に光る玉を3つ召喚する。これが敵ユニットにヒットすると爆発しダメージを与える。3つの玉がすべて爆発するとシールドの持続時間がリフレッシュされ、さらに発動時と同等のシールドが付与される。
一見複雑なスキルだが、2段階で発動するシールドスキルに、自身の周囲にダメージをあたえるオプションがついているといった感じ。相手チャンピオンのキルを狙うときはもちろん、ダイアナは近接チャンピオンなのでミッドレーンでレーニングするときにはこのシールドが非常に役立つ。
ジャングルでピックしたときはこのスキルのおかげで高い体力を保ちやすい。

Eの月下美刃は指定した対象に対して飛びつきダメージを与えるスキル。
がヒットした相手につく月光のデバフがついた対象にを使用した場合、クールダウンが解消され、即座に再使用可能になる。
このため、で2連続ブリンクが出来る。一回月光のスタックをつかってしまうとすべての月光デバフが消えてしまう点には注意。

アルティメットスキルの崩月は自分中心に光の輪を発生させ、範囲内のユニットを自分の方へとプルし、さらにスローを与えるもの。
1体以上のチャンピオンにヒットした場合、少しのディレイの後に範囲内のユニットにダメージをを与える。このダメージは巻き込んだチャンピオンの数によって増加する。

オリアナのオーダー:ショックウェーブとオーダー:乱磁場のコンボと似たようなCCになる。
ただしこちらは自分中心限定なので、で相手のふところに飛び込んでから使用するのが基本的な使い方。

おすすめスキルオーダー
R>Q>W>E

スタートアイテム


ビルド例