【Patch9.14対応版】ゾーイのスキル紹介、ビルド・ルーンなど

December 4, 2018 by Anonymous, Patch 9.14


ゾーイ

(CV:諸星すみれ)



ロール:ミッド



CVに関してはこちらのサイトを参照しています。
ファンによる推測も混じっているのでご注意ください。

チャンピオン声優 一覧表

主なダメージ:魔法

バックストーリー:ある日霊峰ターゴンに選ばれたイタズラ好きの少女。別の次元を彷徨っていたが1000年経ってルーンテラにもどってきた。オレリオン=ソルのことが嫌いで、彼女のイタズラ対象になっている。

おすすめキーストーン:電撃、エアリー召喚

ルーン設定例


ルーンの解説


ゾーイはポークタイプのチャンピオンで序盤からスキルと通常攻撃によるハラスを得意としているのでエアリー召喚や電撃との相性が良い。

どちらを選んでもサブパスは天啓。
ミニオン吸収装置はゾーイの少し弱いウェーブクリア能力を補助してくれるのでオススメ。

ステータスボーナスは、アダプティブ、アダプティブ、魔法防御。


ミッドの解説(プレイ難易度:平均的)



ロングレンジのCC、飛距離に応じたダメージを与える単発スキルと遠い距離から大きなダメージを与えられるスキルを持つ一方で、クールダウンの短いブリンクや相手のサモナースペルを逆に利用できるWと小回りも効く癖はあるものの万能なメイジチャンピオン。

どちらかというと攻めのほうが得意なチャンピオンで踏み込んでくるアサシンやジャングラーによるガンクなど受け身にまわると脆い部分がある。

固有能力はスパークル!
スキル使用後5秒以内の通常攻撃かWのスペルシーフの魔法弾に追加ダメージを付与する。
追加ダメージはレベルによってスケールしていくため、終盤になるほど大ダメージが見込める。
Rのポータルワープで前に出て通常攻撃をするだけでもそれなりのダメージが出せるので、ハラスやとどめの一撃に使おう。

Qのパドルスターは指定方向に魔法弾を飛ばしヒットしたユニットと周囲にダメージを与えるスキル。周囲に与えるダメージは直接当てた場合と比べていくらか減少する。
誰にも当たらず最大射程まで飛ぶと、1秒間そこに留まる。弾が消えないうちにQを再び使用するとマウスカーソルの方に方向を変えて弾が飛んでいく。
このスキルのダメージは魔法弾が飛んだ距離に応じてダメージが伸びていく。

ニダリーのQと似た性質を持ったポークスキル。真っすく敵を狙ってもそれほどダメージがでないので、一度弾を後ろに飛ばしてから前に方向転換させてターゲットに当てるのが基本的な使い方。
ミニオンウェーブを越えてハラスをしたり、後衛ミニオンを狙うために斜めに撃つパターンも、特にレーン戦では重宝する。
パドルスターの最大射程はゾーイの位置によって変化するので、ゾーイの位置が動くとパドルスターが飛ぶ限界点も変化する。
Rのポータルワープを使えば簡単に飛距離を伸ばすことが出来るので、Q→R→Qや、Q→Q→Rと入力し飛距離を稼ぐコンボがある。
もちろんフラッシュやWのスペルシーフで手に入れたを使っても飛距離を伸ばすことが出来る。

Wのスペルシーフはゾーイを代表する特殊なスキル。
敵チャンピオンがサモナースペルやアイテムの発動効果を使ったときにスペルのかけらをおとすようになり、それを拾うと、Wでその効果を発動できるようになる。
拾ったスペルを発動させるか、自身でサモナースペルを使用するとゾーイの移動速度が上昇し、自身のまわりに3つの魔法弾を召喚する。魔法弾は通常攻撃をした対象を優先して突撃し、ダメージを与える。
非常に独創的で扱いの難しいスキル。たとえば対面のチャンピオンがフラッシュを使って逃げようとしても、ゾーイもWの効果でほぼ無料でフラッシュが使えるので、簡単に逃げることが出来ない。
スペルのかけらを拾う必要があるので、相手が攻めにフラッシュを切ってきた場合は若干対応が難しくなる。
スペルシーフを取得するとミニオンもランダムでスペルのかけらを落とすようになるが、(星のようなアイコンがついたミニオンが出現するようになる)これはゾーイ自身がラストヒットを取らないとスペルのかけらをドロップしない。

Eのスリープバブルは指定方向にシャボン玉を放ち、ヒットした敵ユニットにダメージを与え、眠気とよばれるCCを付与する。もし敵にヒットしなかった場合は4秒間トラップとして場に残り、最初に踏んだユニットにヒットしたときと同様の効果を与える。

眠気を受けたチャンピオンは徐々に強くなるスローの影響を受け、その後眠りと呼ばれる状態に移行し行動不能になる。
眠り状態のチャンピオンは攻撃を受けると目を覚まして動けるようになるが、最初の一撃のダメージが2倍になる。
またスリープバブルは通過した壁の厚みの分だけ射程を伸ばすことができる。

壁を超える効果でかなりのロングレンジから相手にCCを与えることが出来るスキル。眠り状態のチャンピオンへの2倍ダメージは、追加ダメージが確定ダメージとして与えられるため、文字通り2倍のダメージが入る。(ダメージ上限はある)
壁を越えて遠い敵を眠らせたら、Q→Q→Rなどのコンボで飛距離を伸ばしたパドルスターを狙っていこう。
外れても4秒間床に残る効果も強力で、ジャングル内の戦いでは通路をふさぐようにスリープバブルを設置すれば、相手の行動範囲をかなり制限することが出来る。

アルティメットスキルはポータルワープ。
指定地点にワープをして、1秒後に元の場所に戻るという特殊なブリンクスキル。
ワープ後は移動はできないが、他の行動は行えるので、通常攻撃を行ったり、スキルを打つことは出来る。
ポータルワープもスキルなので固有能力のスパークル!も発動するし、リッチベインを持っていればこれだけでもかなりのダメージを与えることが出来る。
先述のパドルスターがらみのコンボ以外にも相手のスキルをよけたり、ドラゴンやバロンのスティールを狙ったりと使い道は様々にある。
クールダウンも非常に短く、レベル1で11秒、レベル3になると5秒になる。
ブリンクスキルだが、かならず1秒後には元の地点に戻ってくるので、そこを相手に狙われないように注意しよう。

おすすめスキルオーダー
R>Q>E>W

スタートアイテム
または

ビルド例