【Patch9.19対応版】ヨリックのスキル紹介、ビルド・ルーンなど

October 9, 2018 by Anonymous, Patch 9.19


ヨリック


(CV:落合弘治)



ロール:トップ



CVに関してはこちらのサイトを参照しています。
ファンによる推測も混じっているのでご注意ください。

チャンピオン声優 一覧表

主なダメージ:物理と魔法が7:3

バックストーリー:シャドウアイルにかかった呪いを解くために、呪いを操るという矛盾に満ちた修道士。子供のころから幽霊がお友達。メタルバンドPentaKillのベース担当。

おすすめキーストーン:不死者の握撃、征服者

ルーン設定例


ルーン解説


レーンでの強さが売りのヨリックなので、不死者の握撃を選択してより長所を際立たせるビルドと、征服者をもって終盤まで失速しないようにするビルドの2種類が見られる。

どちらをキーストーンにするにせよスプリットプッシュの力をより増強するために、打ちこわしは必須クラス。

ステータスボーナスはアダプティブ、アダプティブ、ヘルスまたは防御力系。
征服者の場合はヘルス、握撃の場合は防御力系といった使いわけでもいいだろう。


トップの解説(プレイ難易度:比較的簡単)



タンキーファイターの中でも特に、プッシュやレーンの強さに特化したチャンピオン。
2種類のペットがプッシュやハラスに活躍するため、ヨリック対面だとCSの数がとんでもないことになる。
レーンの強さと対照的に集団戦では活躍が難しく、アルティメットの嘆きの墓標がクールダウンの間は1v1でもあまり強くないのが弱点。
スプリットプッシュをしてチームに貢献しよう。

固有能力は魂の導き手。自分の周囲で敵チャンピオン以外のユニットが死ぬと一定数間隔で墓が立つようになる。このユニットというのは敵味方関係ないので、レベル1だと12体分の死が必要だが、思ったよりも早く溜まる。
墓が立っているとによってミストウォーカーと呼ばれる幽霊を召喚することが出来る。ミストウォーカーはチャンピオンの通常攻撃やタワーの攻撃で即死するので、対面で使われたら通常攻撃やタワー下に逃げ込むといった対処をしよう。

Qの埋葬は次の通常攻撃に追加ダメージと自身への回復効果を付与するスキル。このスキルでミニオンを倒すと墓がかならず立つ。
墓が周囲に3つ以上ある状態でのCD中にこのスキルを使用することで目覚めというスキルが発動する。周囲の墓を消費し、最大4体のミストウォーカーと呼ばれる小さい幽霊を召喚し、周囲の敵ユニットを自動で攻撃する。
このスキルはAAタイマーをリセットするので、AA→→AAとコンボ出来る。他のスキルと組み合わせていけばトリニティフォースの自動効果を最大限活用できるため、初手にこのアイテムをビルドするプレイヤーが多い。

Eの悲嘆の霧はAOEスローとマークを付け、このマークがついた相手に向かってミストウォーカーがワープするようになる。
マークがついた相手に向かって進む場合、自身やで召喚される霧の乙女も移動速度アップの効果が受けられるので、相手を追う性能に乏しいヨリックとしてはこのスキルを起点に追撃をしていきたい。

Wのの屍の列はAAで破壊できるような円形の壁を作り出すスキル。
淵を直接当てればノックアップを発生させることができるので、相手のリコールやを阻害できる。

アルティメットは嘆きの墓標。霧の乙女と呼ばれる大きな幽霊を召喚し、近くの敵ユニットに持続魔法ダメージを与える。
霧の乙女と同じ相手にダメージを与えた場合、体力の割合追加ダメージを与える。
通称:嫁。
使用したときに同時にミストウォーカーも2~4体召喚されるので、先に経由で呼び出しているミストウォーカーが残っている場合は彼らが消滅するのを待ってからを使用したほうが効率が良い。
リコールしたときもついてきてくれるが、Rを再使用すると霧の乙女はヨリックの元を離れ勝手にレーンをプッシュし始める。
通称離婚。

おすすめスキルオーダー
R>Q>E>W

スタートアイテム


ビルド例